薄毛を進行させる要素たち  


タバコでは、私達の髪の状態は全て食事に影響されているのか、という質問には、NOと答えられます。なぜなら、髪の状態を左右するのは、非常に多くの要素が考えられるからです。そしてその中には、自分では変えようがないこともあるからです。

まず一つの要素は、『喫煙』です。先ほどのページでは髪が成長するにあたって質の良い栄養分が血液に乗って届けられることが必要と記述しましたが、喫煙はその栄養の質を悪化させ、阻害してしまいます。喫煙を常習的に行っている人は、髪の状態が悪くなりやすい、と言えます。次に、『ストレス』です。現代人にとって逃れられない要素とも言えますが、そのストレスの度合いによって、髪の状態に深刻な影響を及ぼす場合があります。

ストレスが原因で円形脱毛症になってしまう人も珍しくありません。私達は、髪を少しでも減らしたくないなら、ストレスとの効果的な対処法を見つける必要があります。次が、『遺伝』です。これは、どうしようもありませんね。例えば、親が薄毛だったりすると、それが子どもにも遺伝され、子どもも薄毛になる(時期が早い)ということはあり得ます。他の原因として、AGAなどもあります。AGAとは『男性型脱毛症』のことで、病気のひとつです。最近ではAGA治療を専門としている医療機関も増えてきているようです。AGAかな?と思ったら相談してみるのも良いでしょう。


参考:治療方法について |名古屋中央クリニック